“コーチング”という選択肢

今、わたしはコーチングを受けています。




最近は本当にこの言葉をよく聞くようになりましたね。




それだけ自己啓発に関心がある方が増えたのでしょうか?




実際に受けてみて、やはり人から自分を客観的に見てもらう重要性に気付きました。




自分で、自分の棚卸しをするのも大切。



自己啓発セミナーへの参加や、読書ももちろん大事でしょう。





でも、なかなか思うように目標設定できない、方向性が見つからないという方はコーチングという選択肢を視野に入れるのも良いのではないかと思っています。





わたしはずっと、「自分で考えて、自分で行動する」ということに、必要以上に捕らわれていた気がするのです。


自分の足で進まなきゃ!症候群?(笑)




でも、考えてみたら、人の意見を聞こうが、アドバイスを求めようが、最終的に決意し、行動に移すのは自分。


であれば、コーチングを受けるのは甘えではなく、むしろ、より前に進みたいという強い思いがなせる大きな一歩なのではないかと思いました。




わたしは「起業支援」に関しては、コーチングする側の役割を担っています。




起業はしたいけど、具体的に何をビジネスにしてよいか分からない。



このビジネスをやりたいけど、どう進めていけば分からない。




なんとなく曖昧に起業への興味はあるけど、とりたて進めていない・・・そういう方々の多さを毎日感じています。




いつか、そういう方々も、自分でやりたいビジネスを見つけ、そして実現へと結びつける。




そんなお手伝いができるコーチになれたら、ステキですね




自分自身もコーチングを通じて、日々、研鑽できるよう頑張ります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る