長靴を履いたネコは、ビジネスで絶対成功します

「長靴を履いたネコ」という童話をご存じですか?




貧乏な青年とネコの、人生大逆転物語です。




とても賢いネコは、その日に捕った獲物を自分たちで食べず、毎回、「自分のご主人さまからです」と、王様に献上します。




その次の日も、その次の日も。




いつしか、そのネコは王様に気に入られ、自分の貧乏なご主人さまを、お姫様と結婚させることに成功します。




すんごいザックリしたストーリー説明ですが(苦笑)




このネコ、ビジネスやったら、絶対に成功します。




ビジネスはフローです。



お客様の求めるものをフローで捉え、そのフローの中で、どれだけ多くの、そして価値のあるキャッシュポイントを置けるかが重要になります。




もし、ネコが、その日の獲物を食べてしまったら、その瞬間は満たされるでしょう。




でも、何も生み出さないのです。





たとえば、あなたが高額セミナーを開催したとします。




5万円で10人集客に成功しました。



いきなり50万のキャッシュです。




でも、その後、なんら次につながるサービスが用意されていなかったらどうでしょう?




基本的に、同じセミナーに二度、同じ人は来てくれませんから、また集客に悩むことになります。




その参加者からキャッシュは生まれません。





それでは、セミナーに関連する個別のコンサルティングサービス、CDやDVDなどの教材、会員制サービスがあったらどうでしょう?




セミナーで得た知識を、さらに発展させたものを知りたい!



わたしの場合はどうなるのか、個別に教えてほしい!




そう思っているお客様の心を、ギュッと捕まえることができます。




商品属性が同じですから、同じ人が何度もキャッシュを生み出してくれる可能性があります。




そうなれば、セミナーという入口の料金を安くして、ハードルを下げることも可能でしょう。




入口では赤字でも、トータルで見たら黒字に転換させるということもできます。




間口は広くして、見込み客を多く集める。



そして、関連するサービスや商品で、より多くの利益を生み出す。




当たり前のようで、意外と考えていない人が多いのが現状です。




逆に、売りたい商品の前に、何か入口商品を置けないか、と考えることも必要です。




以前、お客様の最初の入口を作るための投資という考え方について書きましたが、お客様があなたのビジネスフローにどうやって乗ってくれるか、しっかり考えていきましょう。




自分のお客様が、どんな思考回路・行動をたどるのか、この悩みを解決したら、次はどんな悩みに直面するのか、それを解決してあげることはできないか。




お客様視点で、一度考えてみてください。




ネコは、目標(自分のご主人さまとお姫様を結婚させる)を達成させるために、お客様(王様)を喜ばせ続けました。




あなたのお客様は、どんなことをしたら喜んでくれますか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る