謙遜と自己否定の狭間

今日、仕事の関係で、大阪でモデルとしてご活躍されていた女性とお会いしてきました。



素晴らしいスタイル、そして美しいお顔。



同性なのに、一緒のエレベーターでドキドキしてしまいましたよ(笑)




諸々、仕事の話が終わり、帰りがけに、




「ホント、スタイル抜群ですね^^」



と言うと、



照れ笑いしながら、



「ただ背が高いだけですから」



と彼女が言いました。




謙遜も入っているでしょうが、きっと、本音もまぎれているのでしょう。




わたしから見ればうらやましいそのスタイルは、彼女にとってコンプレックスだったこともあると思います。




みんな、一長一短。



自分のコンプレックスを、うらやましいと思っている人もたくさんいます。




だったら、そのコンプレックスを、良い方向で表現してあげれたらいいですよね。




自分が自分を褒めてあげなきゃ、この世の中、あんまり自分を褒めてくれる人はいません(笑)




自己否定。



わたしはこれがすごく嫌いです。




「わたしなんかが・・・・」


「わたしができるわけないのですが・・・・」


「わたしには無理です・・・」




これを言っている限りは、本当にできないだろうなと思います。




謙遜と自己否定は紙一重。



でも、脳みそは、「謙遜」か「自己否定」か、判断できないんですよ。




「そっか、わたしはできないんだ」



そんな悲しい情報を、たとえ嘘でも、脳にインプットしないでください。




自分を否定する人に、わたしが必ず言う言葉があります。





「大丈夫。あなたはできます。」





まんま(笑)




でも、本当にできると思っています。




自分で自分にかけているブレーキを外せばね。




不思議と、「大丈夫」って言われていると、大丈夫な気になってくるから人間ってよくできてます(笑)




自信を持ってもらう、そして一歩踏み出すために背中を押す。



わたしの重要なミッションです。




ぜひ、自分自身を肯定するところからスタートしてみてください。




大丈夫。




自分自身を肯定しても、村八分にはならないし、健康も損なわないし、お金も失いません。




何も怖がることなどないのです。




むしろ得るものばかりですよ。




怖がらずに、等身大の自分自身を受け入れてあげてくださいね。




それでも自信が持てない人はこちらの記事 へ。




モデルさんとの15cmの身長差に愛のワンクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る