本・セミナー・すばらしい話の活用戦略

今日は何冊か、本を読み返してみました。



わたしは本が大好きで、しかも読むのが早いので、我が家&事務所には大量のビジネス書が積まれています。



たった1,500円程度で、先人の英知が手に入るんだから、本ってスバラシイ





でも、当然、読むだけでは何も変わりませんよね。



本当に英知を手に入れたいなら、実行することが不可欠。




わたしもよく悩みました。



読んですぐはすごく感銘を受けるし、わたしも!みたいに思うのに、その情熱が続かない(笑)



当然、実行にも移さない。




セミナーも同じ。



人から聞くスバラシイ話も同じ。




どんなにインプットを繰り返しても、実行してみないと自分の血肉とはならないですよね。




そこでわたしが必ず実行していることがあります。




それは・・・、



本を読んだり、セミナーで学んだことを、すぐその場で自分に置き換え、行動することを決め、チェックリストに落とし込むこと。




とにかく、『やることリスト』をその場で書くようにしています。




例を挙げると・・・・



これは本を読んで書いたもの。


自分らしく、美しく生きるブログ             ~Unlimited Flower~-20090912222938.jpg


汚くて、読めないですね(爆)



でもいいのです。



自分しか見ないので。



キレイに書こうとか、完璧に書こうとか思うから、続かないのですよ。




なんとなく、『□』のチェックボックスがあるのが見えますか?



実行したら、ここにチェックを入れていっています。





『やること』がひとつひとつ消えていくのは、小さな成功体験の積み重ねになりますし、





なにより、理屈なしで爽快です(笑)






あとは、感銘を受けた言葉とかを書いてますね。





こちらはセミナーバージョン。



自分らしく、美しく生きるブログ             ~Unlimited Flower~-20090912222814.jpg


セミナーの場合は、あまりメモに時間をかけてしまうと、肝心の話を聞き損ねるので、簡単にリストを作っていきます。



だから、一回やれば終わりのものも、ずーっと心に留めておきたいことも、並列で書いてあります。



その代わり、自分なりのチェックマークを作って、識別はしています。




誰だって、情熱を維持するのは難しいです。



それを行動に移すのは、もっと難しいです。




だから、行動しやすい環境を、自分で作ってあげる。




そんな戦略も必要だと思います。




たくさん本を読んでも、セミナーを受けても、話を聞いても実行できない・・・。



そんな思いがあるなら、ぜひ試してくださいね。




ポイントは、


①その場(もしくはすぐ後)で書くこと。(情熱が燃えているうちに!!)


②キレイに書こうとしたり、ジャンルとかレベルで分ける労力を使わないこと。(面倒になっちゃいます)


③小さなものから、少しずつ実行すること。(いきなり大きなことをやろうとすると早々に挫折します)




すべてのリストがチェックマークで埋まる爽快感は、きっとやみつきになります(笑)




吉川手帳の中身初公開!記念に愛のワンクリックをお願いします!!

↓↓↓↓↓


コメント

  1. 寸子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    さっそく試みようと思いますが
    ひとつおたずねします。

    お写真の手帳ですが、
    おなじ一冊でまとめていますか?
    それとも
    別々の手帳ですか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメントとご質問、ありがとうございます!

    手帳は一冊ですよ^^
    一元管理しないと、どこに書いたかすぐ忘れちゃうのです(笑)

    手帳について、他の方からもご質問をいただいたので、13日の記事でちょこっと書きました。

    ご参考にどうぞ^^

  3. SECRET: 0
    PASS:
    私も本の内容やセミナーの内容は手帳に書いていますがチェックリストにはしていません。
    早速、そのアイデア、真似させていただきます。
    実行が一番大切ですものね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    わたしも今まで、内容を手帳に書いていたのですが、すぐ忘れてしまって(笑)

    でも、チェックリストに落とし込むと、結構実行できます。

    ぜひ試してみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る