選べなかった未来、選ばなかった未来はない。

最近、とある小説を読んでいました。



それがこちら↓↓


私という運命について (角川文庫)/白石 一文
¥740
Amazon.co.jp


大学を卒業してから、ほとんど小説を読まなくなり、ビジネス書ばかりを読む生活になってしまったのですが、とある方の一言&上記本のご紹介があって、読み始めました。



この本の中で、もっとも印象的だった文章があります。



選べなかった未来、選ばなかった未来はどこにもないのです。



未来など何一つ決まってはいません。



(中略)



一つ一つの選択が運命なのです」




当たり前なのですが、深く納得してしまいました。



自分の選んだ結果が、今(昔から見た未来)であり、そこに他の選択肢はもはやないのですよね。



でも、これから先(今から見た未来)はすべてまっさらで、今から下す一つ一つの選択が、未来を作っていくわけです。




将来、何が起こるかは誰にも分かりません。



当然、どの選択肢が正解か、ということも誰にも分かりません。




でも、できることなら、「今、考えうる中で、最良の選択肢」を選びたい。



そうすることで、どんな運命が紡がれても、きっと納得できるんじゃないかと思うのです。




最良の選択肢と分かっていても、言い訳を並べて回避するのが人間です。



お金がないから、今は忙しいから、スキルがないから、人脈がないから、今の仕事もそれなりに楽しいから・・・。



その言い訳は、100%消せるものではないですが、努力次第では、少しでもゼロに近づけることができるんじゃないかと思います。



この記事を書きながら、自分に言い聞かせている部分もありますが(笑)



これだけたくさんの成功に関する本などが出ている中、それでも、読んだ人すべてが納得のいく人生を送っているわけではない。



その理由のひとつが、言い訳せずに、現時点で最良の選択肢を選べているかどうかなのかもしれません。




もう一度、自分の周りにある選択肢を見直してみて、今の自分にとって最も良い選択肢を選んでいきたいですね。



今のあなたは、過去のあなたが選んだ未来。



未来のあなたは、今のあなたが選べるんですよ^^




ビジネス書は1冊1時間で読めるのに、小説にはなぜか1週間以上かかったわたしに、愛の応援クリックをお願いします!

↓↓↓↓↓


自分らしく、美しく生きるブログ             ~Unlimited Flower~

コメント

  1. ごっ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    僕も…
    小説はなかなか進みません。
    (^_^;)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    なんででしょうね、小説がなかなか読み進められないのは(笑)

    この小説はなかなか面白かったし、人間心理について考えさせられます・・・。

    よかったどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る