太陽型人間と月型人間

人間を、たった二つのタイプに分けるのは無理ですが、一つの切り口として、「太陽型人間」と「月型人間」がいるなーと思う今日この頃。



わたしの元へは、「経営者になりたい!」という方が多く訪れますが、ひとくちに「経営者」と言っても、大きくわけて二つのタイプがあります。




一つは、「太陽型」。



明るい中で輝いているので、あまり目だ立たない。



でも、その明るさは、太陽自身が発しているものであり、意識して振り返れば、そこに太陽はあるのです。



いつもあるから、日頃は気にしない。



だけど、時として、そのありがたみに気付きますよね。




もう一つは、「月型」。



自分が目立つ夜にだけ現れる。



真っ黒な空の中で、キラキラと輝く月。



誰もが、思わず見てしまう。



月も月で、自分が際立つ、夜というステージを好む。



自分ただ一人が、光を発する存在であることに価値を感じる。



存在感のあるオーラが際立つタイプです。





「月型」タイプは、どちらかというと、我が強いので、似ているけど、反発しあう。



オーラやカリスマ性があって、人を引き付ける。



自分が誰よりも輝ける場所を探し、そのための努力を惜しまないタイプ。



発想が豊かで、奇抜なアイディアをポンポン出す。



良い意味で、子供心を今でも持っている。



99人に嫌われても、熱狂的なファンが1人いる。





「太陽型」は、協調性に富み、みんなを陰ながら支え、普段は目立たないけど、いなくなると非常に困る。



人当たりも良く、物腰柔らかタイプ。



マネジメントやプロデュースが得意で、視野が広い。



何かをゼロから生み出すより、1を100に育てるのが上手。



常に冷静で、人の気持ちを汲みした判断を下す。



基本的にあまり嫌われないし、平和主義。




ま、あくまで私見です。




でも、同じ「起業」を目指しながらも、全然タイプが違うので、当然、幸せになるであろうビジネスのタイプも違う。



そういうのを見極めながら、わたしもアドバイスをする必要があります。




100人いれば、100通りの起業スタイルがあり、ビジネスがあり、経営者がいる。




そうやって、色んな人に会うことで、いっつも新たな発見があります。





ビジネスを考える際、「太陽型」か「月型」かというのも、ちょっと考えてみてください。




あなたが最も輝けるのは、どんなステージなのか。



それを考えるひとつのヒントになるかもしれませんよ





服の衝動買いツアーを敢行してしまったわたしに、戒めの応援クリックをお願いします(笑)

↓↓↓↓↓


自分らしく、美しく生きるブログ             ~Unlimited Flower~



コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    月型と太陽型っておもしろいですね。

    明日ちょうど満月です
    ちょっと、ヒントいただきました

    考えてみます
    ありがとうございました

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます^^

    ちょっと珍しい観点から人を分析してみました。
    ヒントになれば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る