生きていることは奇跡

今日はとてもブログに向かう気分じゃないのですが、きっと、今しか書けないから書きます。




今日、大切な人を、失いました。




明日、最後のお別れに行ってきます。




これでわたしは、大切な人を二人も失いました。



もう一人、声さえ聞けなくなった大切な人がいます。




19歳のとき、ほんの数日前に一緒に遊んだ友人が、人違いで殺害されました。




対抗する暴走族か何かのメンバーと間違われ、夜にダンスの練習に励んでいた彼は激しい暴行の上、路上に放置され、18歳という若さでこの世を去りました。



18歳。



楽しいことは、これからもまだまだあったのに。



ほんの何日か前まで、元気に笑う姿を見せてくれていたのに。




25歳で、父がクモ膜下で倒れました。



一命は取り留めたものの、話したかったことの10分の1も言えぬまま、もう会話ができなくなってしまいました。



もっといっぱい話したかった。



相談もしたかった。



バリバリの叩き上げサラリーマンだった父は、わたしの起業に対して、なんと意見してくれたんだろう。



今は、わたしが誰か分かっているのか、確認することさえできません。




そして今日。



29歳で、中学時代、もっとも大切に思っていた友人を亡くしました。



あの頃を思い出すと、真っ先に頭に浮かぶ彼が、もうこの世にいないなんて信じられません。



連絡を受け、他の親しい友人に電話しようと携帯のアドレス帳を見ると、ちゃんと彼の携帯番号が入っていました。



掛けたら、前みたいに元気な声が聞けそうな気がするのに。





乳がんで亡くなった「余命一カ月の花嫁」の長島知恵さんもおっしゃっていましたね。




「みなさんに、明日が来ることは奇跡です」




あぁ、本当だな。




そんなこと実感したくないのに。





今は正直、もうどうしようもないくらい悲しいです。




何年も連絡していなかったのに、こんな形で最期の連絡がくるなんて。



こんな形で、地元に戻るなんて。



こんな顔で、久しぶりに中学時代の友人たちに会わなければならないなんて。





人生がいつ終わるかは誰にも分からないのです。




人生の終わりを見つめながら生きる人生なんて嫌だけれど、悲しいくらい冷徹にその事実を突き付けられています。




元気に生きて、笑って、夢見て。



そんな当たり前のような毎日が、突然閉ざされることもあるのです。




だからこそ、本当に自分らしく生きていきたいと思います。



たった今、この一瞬を大切にしながら。



「いつか」なんて、来る保証はないのですから。




一瞬一瞬の積み重ねが、自分の人生を形作っていくのだと、改めて深く刻みました。



だからこそ、毎日頑張ろうと思います。



元気に戻ってきますので、ちょっとだけ待っててください。





最後に、Aへ。



あなたと過ごした毎日は、たくさん悩んで、たくさん泣いて、すごく苦しいこともあったけど、その分、いっぱいいっぱい一緒に笑いあえた宝物です。



ケンカもたくさんしたね。



夜遅くまで公園のベンチで語り合ったね。



一緒に校長室で説教されたこともあったね。



いっつもすれ違ってばかりの二人だったけど、それもすべて良い思い出です。



中学時代という多感な時期を、一緒に過ごせたことを本当に嬉しく思っています。



たくさんの思い出をありがとう。




最後は寒かったよね。苦しかったよね。痛かったよね。



何もしてあげられなくてごめん。



息をしていないあなたに会うのは勇気がいるけど、今会わなかったら一生後悔するから、明日、会いに行きます。




きっと泣く。 だって、今も泣いてるもん。




あなたの前で泣くなんて、15年ぶりだね。



高校1年のとき以来かな。 もう忘れちゃった。




でも、明日は許してね。



大切な仲間達と、一緒にあなたを見送るよ。




天国では飲みすぎないように。




たくさんの思い出をありがとう。




聖弓



コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    親しい人との永遠のお別れは、辛いものですね。
    どうぞ、お力落としのないように。
    我々に出来ることは、その人の分まで
    精一杯生きることしかありません。
    立ち直ったら、元氣なお声を聞かせて下さい。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    泣いてしまいました。つらいだろうに生きる大切さを伝えられたんですね☆

    生きて命をありがたく感じ、命ある限り精一杯無駄にする時間なく生きていくことが大切ですね。

    ありがとうございます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    吉川さん

    いつもブログ拝見しています。

    私も父を癌で亡くしました。

    その他にも死ぬほど辛いことが
    これまでの人生の中でありました。

    「明日が来ることは奇跡」

    当たり前の生活を送っていると
    つい忘れてしまいますが

    生きているというのは
    本当に凄いことですよね。

    明日死ぬつもりで
    今日できることを精一杯やる。

    今の私の好きな言葉です。

    忘れてかけていた気持ちを思い出させて
    くださり、ありがとうございます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。

    >我々に出来ることは、その人の分まで
    >精一杯生きることしかありません。

    本当にその通りですね。
    彼が迎えることができなかった30代以降の年齢を、しっかりと生き抜いていきたいと思います。

    本当にありがとうございました。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。

    命をありがたく感じる。
    なかなかそういう風に感じることができない毎日ですが、生きて、笑って、夢見ることができるって本当にありがたいことですよね。

    毎日、大切に生きていきましょうね。

    本当にありがとうございました。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。

    皆さん、それぞれ辛い思いをしながらも、日々頑張っていらっしゃるのですね。

    >明日死ぬつもりで
    >今日できることを精一杯やる。

    本当にその通りだと思います。

    頑張ります!

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る