縁を壊すのは一瞬。

3月、スタートです。



最近はセミナー準備にバタバタしていて、ペタ返しや、読者さま訪問ができていません



申し訳ありませんが、もう少々、お時間をくださいませ




今日はちょっと打ち合わせがあって、リクルートさんにお邪魔してきました。


行くのは2回目なのに、相変わらずデカすぎるビルに迷子状態


エレベーターの乗り換えが分からない


方向音痴のわたしには、厳しい試練でした


でも、大きなガラス張りのエレベーターや、オシャレすぎる社食を見ると、モチベーションが高まります


ありがとう、リクルートさん(笑)



今日、仕事関係の方からメールをいただいたのですが、が10個くらい頭に浮かぶ内容でした。


見に覚えがないのですが、何やらお怒りの様子。


丁寧に返信したら、先方の勘違いだったということで、事なきを得ました。


ホッとひと安心


こちらも説明不足だった点があるので、お互い様という感じです。


申し訳ありませんm(__)m



でも、勘違いって怖いですよね。


こっちは微塵もそんなこと思ってないのに、知らぬ間に決めつけられてる。


仮に、勘違いじゃなかったとしても、弁解なり謝罪の余地くらい与えてほしい、と思ってしまいます。



わたしは最初から喧嘩腰の人がものすごく嫌いです。



なんの話し合いも説明もないまま、



「なんで怒ってるのか分かってんでしょ!」



とばかりにまくしたててくる。




分かんねーよ(笑)

(おっと、失礼)



誰だって、いきなり予告なく(?)喧嘩腰でこられたら、気分悪いですよね?


ましてや、気付いてないだけとは言え、自分はキレられてる理由が分からないわけですから。


それなのに、いきなり全否定されるような言い方をされるのはたまりません。




自分の意見を言うのと、



相手を言葉の暴力で傷付けるのは、まったく違うこと。


仮に、分かり合えなくて、言い合いになるとしても、いきなり最初からゴングを鳴らす必要はないと思ってます。


「先ほどの発言、ちょっと気になるのですが、こういう意味ですか?」って穏やかに聞けば、


相手だって穏やかに返してくれる。


間違ってたら、素直に謝ることもできるでしょう。



でも、最初から戦いのゴングを鳴らしてしまったら、相手も喧嘩腰になっちゃうんです。


相手が悪いことしていたとしても、人間、誰しもミスくらいするもの。


自分だってミスするのに、それを棚にあげて、いきなりゴングを鳴らすのはどうなんでしょう。

悪いことしたなら、訂正し、謝罪する機会を与えることがそんなに難しいことなんでしょうか?




言葉って、暴力になるんです。


そして、暴力は、連鎖するんです。




一発いきなり相手を殴ったら、


相手も怒りに任せて思わず手が出るんです。


人って、鏡だと思います。



自分が相手を悪く言えば、相手も自分を悪く言う。



自分が相手を傷つければ、相手も自分を傷つける。



自分が相手を殴れば、相手も自分を殴るんです。



でも、



自分が相手を認めれば、相手も自分を認めてくれる。



自分が相手を尊重すれば、相手も自分を尊重してくれる。



自分が相手の喜ぶことをしてあげれば、相手も自分の喜ぶことをしてくれる。




縁を円に創り上げていくのは難しいのに、



円を壊すことは簡単。



薄皮を一枚ずつ重ねて構築していく信頼のように、



壊れるのは一瞬。



その原因は、たったひとつの言葉だったりします。




わたしは、誰かに腹が立った時、とにかく3秒我慢します。



そして、相手がその行動をとったり、発言をした理由を3つくらい考えてみます。



相手には、相手なりの理屈があるのかもしれない。



年齢の違いかもしれない。生活環境の違いかもしれない。文化の違いかもしれない。



きっと悪意はないのだろう。と。




その上で、本人に聞きます。



できる限り、穏やかに。



そうするだけで、大切な縁を、自ら壊さないで済みます。




本当に分かりあえないかどうかは、



もう壊していい程度の縁かどうかは、



話を聞いて、自分の意見も言って、



それからでも遅くはないのではないでしょうか?




原因が勘違いであろうとなかろうと、



人とのつながりが大切であることに違いはないはずですから。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 弊社ホームページ


起業支援ならLink Style(リンクスタイル)株式会社


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

コメント

  1. MIKI より:

    SECRET: 0
    PASS:
    縁が壊れるのは、ホントに、一瞬ですよね。

    どんなに長い付き合いでも、壊れてしまったら元に戻るのは無理と思いますし・・・。

    そんな一瞬をつくらないように、私は勝間さん推奨の三毒追放を心がけていますよ。

    吉川さんのブログやメルアドに勇気づけられることもあって、素敵な縁が広がっています(*^▽^*)♪♪♪

  2. YOCO より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もよくそういう経験ありますが・・・
    そういうときは

    怒鳴ったり、怒ったもん負けだと
    思ってマス

    この方はきっと自分の感情がコントロールできない人なんだなあって

    さらっと
    気持ち切り替えます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    とっても私の胸に響きました・・・・・

    本当にそうですよね!
    今日の吉川さんの言葉をしっかり胸に焼き付けときます(*^▽^*)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    言葉ってスゴい!ってつくづく思います。
    「言わなくてもわかる」は、きっとごく一部の方の話であって
    でも言った言葉で自分も相手も幸せになれたり、その逆になる事もある。
    一時の感情だけで言葉を出したり、相手の言葉に反応することは
    自分のためにも相手のためにもならない、という事ですね。
    今日も気づきをありがとうございます!

  5. 経営者のはしくれより より:

    SECRET: 0
    PASS:
    感情をだすことは人にとって一番大切だと思います。人は理論でなく心で動く者です。あなたの心はどうだったんでしょうか?

  6. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます^^

    人間関係が壊れることも悲しいですし、それの原因が勘違いであれば、尚悲しいですね。

    三毒追放、わたしも心掛けます!

    MIKIさんのご縁の円がどんどん広がっていく様子、ブログでいつも拝見しています。

    ワインセミナーも大盛況でしたね♪
    おめでとうございます!!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    >さらっと気持ち切り替えます。

    すごい!わたしもそうしたいと思いつつ、なかなかできなかったりします。嫌な思いを引きずってしまったり・・・。

    きっと、自分がそうだからこそ、相手にそういう思いをさせたくないのかもしれません。

    >怒鳴ったり、怒ったもん負け

    そうですね。パワーで相手を傷つけたり、威圧しても、むなしいだけです。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます^^

    人間関係って本当に難しいなと思います。

    互いに笑顔で気持ちよくいられるようにするためには、自分が何をできるのかな?って考えると、答えは子供の頃に教わっているんですよね。

    「自分がされて嫌なことはしない」

    意見を言い合ったり、問題を指摘したりすることは大事ですが、言葉を暴力のようにケンカの道具にだけはしたくないものです。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    わたしも、言葉でたくさんの喜びをもらったり、一方でたくさん傷ついたりしてきたので、言葉のスゴさを痛感しています。

    一時の感情を爆発させて言葉を発すると、相手を傷つけてしまうのももちろんですが、自分も嫌な気持ちになります。

    もっといい言い方があったんじゃないか、もっと相手を尊重する言い方があったんじゃないかと。

    子供同士のケンカならともかく、それぞれが自分の価値観を構築してきた大人同士。互いを認め、尊重しながら、より良い関係を作っていきたいですね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    柔道の先生に、
    「相手の胴着はギュゥっと力を入れて持つな」
    と言われました。
    こっちが力を入れた分だけ、相手はそれに対抗して力を入れてくるからということです。
    結果的に相手をコントロールできなくなってしまう。
    感情的になっても生産性があがることはあまりないですからね!
    感情的になりそうなときこそ冷静に判断しなければ。

    怒りが湧いてきたら、
    相手の言っていることはwrongではなく、differenceだと考えるように心がけています♪

  11. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます^^

    そうですね。おっしゃる通り、感情は大切ですし、時にはそれを出すことも必要だと思います。

    ただ、どんな感情でも出すことが一番大切とは思いません。

    一方的な怒り、相手を思いやれない感情、そんな思いを言葉に乗せて相手にぶつけることは、できる限り避けたいと思っています。

    何が「本物」で、何が「偽物」かは分かりませんが、相手の心を忘れ、自分の感情だけで一方的に怒りを暴発させれば、相手の気分を害することに違いはありません。

    「心で動く」人間だからこそです。

    重要なのは、言葉の汚さとか強さではなく、その中にある相手を思いやる気持ちがあるかないかではないでしょうか。

    理論ではなく、心で動く。それも同感です。

    だからこそ、わたしの心が暴走し、人を傷つけないように、必要な部分は制御しています。

    何より、わたしは、同じ「感情を出す」なら、感動だったり、喜びだったり、共感だったり、そういう面で感情を出していきたいなって思います^^

    問いかけ、ありがとうございました!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    柔道の先生、ステキですね。
    どうせギュッと力を入れるなら、一緒に感動するとか、一緒に喜ぶとか、一緒に笑いあうとか、そういう部分で力を入れていきたいです。

    昔、コミュニケーションの先生がおっしゃっていました。相手の心のバケツに泥水をそそげば、あなたのバケツにも泥水を注いでくる。
    相手のバケツに黄金水をそそげば、相手もあなたの心のバケツに黄金水をそそいでくれる。

    人間ですから、意見が違うのも、勘違いが生じるのも当たり前。

    でも、それと、言葉の暴力で相手を傷つけるのはまったく別問題だと思います。

    wrongではなく、difference。
    いいこと教えてもらいました^^ありがとうございます!

  13. ゴリラ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    偶然ブログを拝見し、初投稿です。
    10年ほど前、同期の女性から聞いて、納得した会話です。
    「人の嫌がることをしない」と僕が言ったことに対して、彼女は
    「私にはその考え方ができない。私は、『自分がされたら喜ばれることを他人にもしなさい』と育てられてきたから」と言いました。
    妙に納得したことを思い出しました。
    2の会話、実は、同じようなことを言っているはずです。が、心構え、スタンスは大きく異なります。ので、当然人間関係も大きく変わってくるのです。
    このスタンスを心底で分かっている人は、出てくる言葉が違います。
    ってことを、今回の吉川さんのブログで思い出しました。感謝。
    ま、腹立ったときは、相手と勝負したら負けで、自分と勝負しなアカンわけです。が、やっぱ、人間、感情が先立ちますわね。なので、ずっと修行です。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    >『自分がされたら喜ばれることを他人にもしなさい』

    この考え、すごくステキだと思います。
    確かに、一見、同じような意味ですが、おっしゃる通りスタンスが全然違いますね。

    ぜひ、取り入れさせていただきたいと思います!

    >腹立ったときは、相手と勝負したら負けで、自分と勝負しなアカンわけです。

    わたしもずっと、修行の身です。
    感情が抑えられなかったときは、後味が悪くて、毎回反省しています。でも、その後味以上に、相手も苦味を感じているわけですから、泥水を引っかけ合わないように、日々鍛錬です。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    私は感情的になりそうになったら、一時凍結するようにしています。

    一呼吸すると、また違った目で見られますからね。

    視野狭窄になっている状態だと、うまくいくものもうまくいかないですからね。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます^^

    そうなんです。一呼吸置くだけで、言わなくてもいいことを言わないで済むし、ちょっと心を落ち着かすことができるんですよね。

    放った言葉は、なかったことにすることはできません。
    どれだけ謝っても、相手に刺さった傷跡は、完全には消えないと思います。

    無理矢理でも、自分の視野に風穴を開けられるよう、努力していきたいと思います。

    >視野狭窄になっている状態だと、うまくいくものもうまくいかないですからね。

    本当にその通りだと思います!

  17. SECRET: 0
    PASS:
    パーソナル起業プロデューサー 吉川聖弓さんへ

    私も柔道をしていましたが、よく言われていたのが、この言葉です。

    「お互いが固い状態だと、お互いに壊れてしまいます。どちらかが丸い状態だと壊れることはありません。丸い心を持ちましょう。」

    私の屋号は「オフィスまん丸◎」ですが、これもその言葉が原点にあります。

    ちなみにブログでの繋がりの方に柔道をしていることを言うと、「意外」と言われます。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    度々コメントいただき、ありがとうございます!

    柔道をされているのは、確かに意外です。
    わたしも小学校の頃は、マンガのYAWARAちゃんにあこがれて柔道に通っていました(笑)

    「まん丸」って、響きが好きです。
    穏やかで、優しさがあって。

    ステキな屋号ですね^^

  19. SECRET: 0
    PASS:
    なるほど。
    大変勉強になりました。

    日々成長。まだまだまだまだ修行。

    ワッショイ

  20. SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!

    わたしもまだまだまだまだ修行中です。
    いろんな体験を繰り返し、日々成長していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る