道作りの覚悟。

最近、習い事でも始めようと、

毎日、『ケイコとマナブ』とにらめっこしてます。



仕事も大好きですが、趣味を楽しむ時間も欲しい!

バランス良い毎日にしていきたいですね(*^▽^*)



うまくできなかったことが、

少しずつうまくできるようになる過程は、


趣味も仕事も同じように楽しい。






会社を立ち上げてから二年。



胃が痛くなる思いもたくさんしたけれど、

その分、成長してきた。




うまくできなかったことを、

向き合って、

反省して、


そして、また一歩歩みを進める。




もし最初からうまくいってたら、

もし途中であきらめてたら、


きっと今のようなサービスは提供できていない。





失敗したときは痛かったけど、

胃もめっちゃ痛かったし、

頭も死ぬほど痛かったけど、



今はその痛みに感謝しています。







『失敗は成功の元』


聞き飽きた言葉を、心の底から納得できたのは、

起業家になってからのような気がする。





会社に勤めていたころは、

失敗しないことに必死だった。



正確に、スピーディーに、指示通りに。



そして、そういう意味では、

わたしはいい社員だったと思う。




比例するように、成績も良かった。





『失敗は成功の元』


それを体感することはないまま、

評価やランクだけが上がっていった。



そして、それがわたしの誇りだった。








起業してからは、それが一転。



転んで、傷だらけになって、

起きたと思ったら、また転んで。



絶好調と言える期間より、

包帯巻いてる時間の方が長い。





でも、そんな中で、



『失敗しないこと』より、

『失敗すること』、そして『そこから素早く立ち上がること』



その重要さを知った。




『失敗しないこと』より、

『失敗すること』の方が、



多くのことが学べることを、

身をもって、心の底から知った。





こっち掘ったら水道管にぶつかり、

あっち掘ったらガス管がある。



そんな中で、負けずに道を作り続ける毎日。






誰かが作った道を進むことと、


自ら道を作ること。




同じ『道』でも、

必要な心構えはまったく違う。








でも、こうやって毎日のように、

起業支援に関する相談を受けていると


誰かが作った道を進むための心構えのまま、

自分で道を作ろうとする人の多さに驚く。







「自分らしく生きたい」

「自分で人生を切り開いていきたい」



そう言って、威勢よく扉を開ける割に、



「失敗したくない」

「責任を負いたくない」



出てくる言葉は、他人の道を歩いている気分全開。




何かあったら、


「あそこに水道管があるのが悪いんです!」


と胸を張って言う。











道作り、なめんな。











起業してから、

先輩起業家たちを本当に尊敬のまなざしで見るようになった。




道を作ることがこんなに大変だとは。

道を作ることがこんなに困難の連続だとは。





整備された道を、

当たり前のように歩いていたころには気付かなかった。



でも同時に、


道を作ることの楽しさ、素晴らしさも知った。








『失敗しないこと』


これを美徳とするなら、

起業家はやめた方がいい。



会社員の方が、

ずっといい成績が取れる。







『失敗は成功の元』


そんな言葉を知っていても、

失敗が怖くない人はいない。




だから必要なのは、

『失敗を恐れない心』じゃなくて、



『失敗に対する覚悟』。







失敗を、誰にも責任転嫁せずに真正面から受け止める覚悟、

すべての失敗を糧にする覚悟、

失敗が成功になるまで起き上がりつづける覚悟。



そこだと思う。







これから先、

もっともっと大きな失敗を、



確実にわたしはします。





怖くもある。


でも、それ以上にワクワクする。






失敗の先にある、今はまだ見えない大きな光。





それを見るまで、

立ち上がり続ける。








失敗せずに上達する趣味がないように、

失敗せずに成長するビジネスもない。




心構えひとつで、

どんな失敗も、本当に有り難い出来事に変化します。




大丈夫。




どんな失敗も、いつかは笑い話。

どんな過去も、いつかは思い出。





時給計算してみたら61円だったとしても(吉川実話)、


売り上げが一ヶ月で二万円だったとしても(吉川実話)、


セミナーの申込者が一人だったとしても(吉川実話)、


テレアポをことごとく断られたとしても(吉川実話)、






合言葉は、


「いつか、ネタになる(笑)」







失敗のないヒーローなんていないんだから。







一度きりの人生、

『失敗』恐怖症に陥ってたら、もったいない!




さ、一緒に楽しみましょ





コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    道づくり、確かに困難の連続ですね。今の自分、失敗してへこんで一歩踏み出す勇気を失いかけていました。

    自分の道を進もうと思う者は誰しも、失敗から何度も何度も立ち上がっているんですよね。

    道づくり、楽しまなきゃ、ですね。

    いつも吉川さんのブログからは勇気もらってます。ありがとうございます!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    勇気をもらいました! 会社にいると、いかに失敗しないか、ミスをしないためにどうするかにフォーカスされます。ミスが許されない職場で仕事だからそれは当然かもしれない。でも失敗を恐れて萎縮しながら仕事をしても、それは良い仕事といえるのか? 私は起業することをi目指していますが、改めて覚悟を決めるとともに、自分は失敗しても立ち上がることを望んでいるなと再認識しました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    会社員でも経営者でも、楽しめることが武器になるでしょうね。そう、今の自分を楽しむこと。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    勇気がもらえる記事ありがとうございます!

    私も夢があり、今まさに行動し始めたばかりです。

    起業家応援プロジェクトの存在を知り、応募を決意するも、企画書すらまともにあげられず大恥じかきました。
    何が必要でいくらお金が必要かすらわからなかったんです。

    でも・・・
    行動を起こせた!ビバ私!

    ぐだぐだの企画書を命がけで作ったおかげで、自分が本当に知りたいこと、会いたいひとがわかりました!

    これからもがんばります!
    元気いただきありがとうございました!

    失礼します!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    「道は近くとも行かなければ到達せず、
    事は小さくても行わなければ成就しない」

    勇気を持って行動し続けることが、
    自分らしさだということに、ようやく気づきました。

    吉川さんらしさが伝わるブログに、感服します。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    「いつかネタになる」私も合言葉にさせてもらいます(^u^)☆
    ありがとうございます!!

  7. SECRET: 0
    PASS:

    わたしたちの通過する全ての出来事には
    無駄なことってないのかも…

    理由があるんですよね。
    わたしたちが気づいて、良い方向に
    向かうための遠回りだったのかも。

    だから自分の気持ちに素直に
    歩いて行けるのが幸せなことです。
    マイペースで行きたいですね♪
    (o^^o)

  8. やっちん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉川さんのブログを読むと自分の道は間違ってないんだなと感じます。そしてワクワクします。
    でもまだどこか失敗を恐れる自分がいます。失敗したらなかなか立ち直れない自分がいます。
    が、今年もあと2ヶ月。やるしかな-い!ですね。
    人生ネタ作り。ネタいっぱい作ります!

  9. ゆきんこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今起業にむけて頑張ってますが、次々と困難や試練…毎日失敗との格闘であまり使わない頭をフルに使ってがんばっとります!
    一緒に頑張ってる仲間と最後はネタにして笑える様に覚悟を決めて頑張ります!ありがとうございました。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    いつも 楽しく拝見させて頂いております。

    去年の2月に法人を立ち上げましたが、苦難の連続でした。

    もちろん儲けもありませんでした。

    借金も抱えました。

    けど、ここで下がったら お終いだ!と思いなんとか仲間の支えもあり 継続しています。

    吉川さんの “道づくり なめんな”

    覚悟はあったものの、知識も経験も浅かっ
    たことに気がつきました。

    足が止まりかけた時期もありましが、焦らず 少しづつ前進してるつもりです。

    一生経験、一生勉強ですね。

    ありがとうございました。

    道は自分でつくる。

    道は自分で開く。

    人のつくった道は、自分の道にはならない

    相田みつを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る