あなたの命を使う道。

今日は、恵比寿にあるこだわりチキンカレー専門店で、

スタッフとして働いてきました!

未設定


真ん中の赤いボーダーシャツを着ている女性がオーナー、國友啓子さん。

弊社の大切なお客様でもあり、わたしが信頼する仲間でもあります。



彼女がわたしのセミナーやコンサルティングを初めて受けてから、

もう早3年近くの月日が流れました。



彼女の夢は、「おいしいカレーを通じて、愛情を届けること」。


32年も勤めた、飲食とは畑違いの職場。

一度も経験がなかった飲食業。

人脈もなく、経験もなく、資金も、経営に関する知識もない。

そして、彼女は来月、還暦を迎えます。



彼女と出逢ってから3年、

たくさんの壁にぶつかるのを、わたしも隣で見てきました。



何が何でもカレー屋をやる理由より、

もうやらなくてもいいじゃんって、前へ進むことをあきらめる理由の方が

よっぽど多かった3年間。




でも、ひとつひとつ、壁を乗り越え、

今日、ついに念願のカレー屋さんをオープンさせました。



そんな大切な日に、一番近くで立ち会えたことを

本当にうれしく思います。





彼女の年齢を考えれば、

20代や30代とは、一年の重みがまったく違う。


瞬く間に過ぎゆく月日。

精神論だけでは追いつかない身体の疲労。


焦りは誰よりも多く、一方で、

焦りを持つのに動けていない自分に失望する毎日。



そんな彼女だからこそ、

きっとこの言葉の意味の深さを感じていると思います。




『使命』




わたしは師匠に、

『使命』は「命を使う道」と教えていただきました。



使命は、標語でも、看板でも、キレイごとでもなく、

あなたの命を使う道。



國友さんが、様々な困難の中でもカレー屋さんをあきらめなかった理由。


それは、彼女のこれからの命を使う道。


それこそが、彼女が今まで周りからもらってきた愛情を、

カレーを通じて還元していく、この道だったのだと思います。






今年1月から、わたしもいろんな形で動きを加速してきました。

そして、経営的視点から見れば、そのほとんどが失敗でした。



プロジェクト単位で見たら赤字だったり、

目標数値を達成できなかったり。

始めたばかりのサービスを、すぐに撤回することもありました。



でも、わたしの人生的視点から見れば、

この質問を繰り返すことで、たくさんの気付きを与えてくれました。


「今やってることは、わたしの命を使う道なのか?」




この質問を、行動なき中で問いかけても、

絶対に答えは出ない。



使命は、自分の中で決めるものじゃなくて、

そこに『人』ありきのものだから。




誰に命を使っていきたいのか。

そこがスタートライン。



その人がいるから、

どんな想いで、何を届けるのかが見えてくる。





以前、國友さんが言っていました。


「ランチタイムは、お仕事されている人にとって、とても大切な時間。

わたしのお店でパワー充電して、午後からもがんばろう!って、

そう思ってもらえる場にしたい」と。



そのために、おいしいカレーを用意し、

満面の笑顔と元気カラーのユニフォームで出迎え、

リラックスできる音楽をかけたいと。




様々なチャレンジをし、

たくさんの人の評価の前に立ち、

そこから見えてくる、あなたの命を使う道。





わたしも、たくさんの失敗と、ちょっとの成功を繰り返す中で、

命を使う道が、更に明確に見えてきたような気がします。



今年は変革の一年。


自分自身の使命をあらためて胸に刻み、

有限の時間を生きていきたいと思います。




國友さん、本当におめでとう

▼國友さんの愛情あふれるお店はこちら
https://www.facebook.com/nikko2curry


思い描く未来へ力強い一歩を踏み出したくなる
『本気スイッチON』セミナー

「自分に誇れる人生を歩みたい!」
そんな持つ方々の第一歩を後押ししてきたセミナーがついに再開です!

自分らしく生きる人生に、自分自身の手で許可をおろしてあげてください。

コメント

  1. Matsubara より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ拝見させて頂きました!僕は美容師兼サロン経営をしています!また読みにきますね!!もしよろしければ僕のブログも見に来てくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る