世界の努力。

先日、ちょっとしたご縁で、

格闘技の大会『Krush』にスタッフとしてお邪魔してきました。






残念ながら、わたしの出場は叶いませんでしたが(笑)、


選手の皆さんの最終調整を、控え室で間近で見るという

貴重な機会をいただきました。





控え室で、とある階級の現チャンピオンと

お話させていただく機会に恵まれました。


コンサルタントだと紹介されたわたしに対し、

その選手の方は、引退後の身の振りについての考えを

教えてくださいました。



年齢は20代半ば。

しかも現チャンピオン。



そんな方から、引退後の話が出たことに驚いたとともに、

格闘技選手の寿命の短さを心底感じました。









試合前、大画面で流れた両選手のインタビュー動画。



「今のオレは、マジで強いです」

「絶対勝ちます」




テレビでもよく聞く自信満々のコメント。



どうしてこんなに自信溢れるコメントができるのか、

いつも不思議で仕方なかった。


でもようやくその言葉の強さが分かった。





どれだけ格闘技が好きで、

どれだけ本気でやっても、



現役でいられる期間はとても短い。






その短さを認識しているが故に、

毎日の本気度がハンパじゃないんじゃないか。




そして、その本気の努力が、

彼らの圧倒的な自分に対する自信に

つながっているんじゃないか。






わたしだって身体は資本。

そうは言っても、足を一本折るくらいだったら、仕事はできる。


年齢制限もないし、

年を重ねるからこそできる仕事もある。



彼らほど、シビアなリミットの中にいない。






でももし、わたしがあと数年で、

今の仕事ができなくなるとしたら?



そんなリミットがあったとしても、

今のスピードで積み重ねるのか?



現役格闘技選手ほどのリミットがない。

そんな幸せを当たり前に思ってないか?



その幸せの上にあぐらをかいて

座ってるだけじゃないのか?





色んな質問が

わたしの頭の中を占拠しました。









試合会場でご挨拶させていただいた

第2代K-1ヘビー級世界チャンピオンの藤本京太郎さん。




世界という舞台で戦う彼らの『努力』とは、

一体どれだけのものなんだろう。



そんな彼らの前で、

「わたしも本気で努力している」と、

胸張って言えるだろうか?




しょぼいレベルの『努力』で、

必死に戦ってるフリをしているだけじゃないのか?











わたしにも夢がある。




わたしも、わたしの仕事で、

『世界』を見たい。






格闘技と、人材育成。


ジャンルは違うけれど、

彼らのように、『世界』を見たい。










思いっきり、顔を上げてもらった気分です。


出逢った選手の皆さま、

本当にありがとうございました!!




そして、人生初の格闘技。

間近で見て、大ファンになりました。


今度、うちのお客様たちとツアーで行きます!





『世界』、見るぞーーーーーー!!!!!!!!!!





いよいよ今週土曜日はセミナーです

思い描く未来へ力強い一歩を踏み出したくなる!

『本気スイッチONセミナー』


あなたの内側にある本気スイッチを

あなたの手でONにしてください。


一緒に、サイコーの人生を送っていきましょう!


>>セミナーの詳細はこちらをクリック<<



コメント

  1. 本田 秋人 より:

    SECRET: 0
    PASS:

    努力は短期集中が良いですよね。

    受験なんかでも、ダラダラ勉強を3年続けるよりも、3年生の1年間だけ集中した方が効果はあります。

  2. ヒーロー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今が大切であり、その瞬間はすぐ過去のものとなり、そしてそれは無限ではない、

    ということを改めて認識させてもらえる記事でありました。

    ...試合には出ないほうがよいです(;^^)

    とある場所で、エレベータからプロレスラーの武藤が出てきて、あまりの体の大きさに体が硬直したことがありますが、格闘技の選手は、やはりじかに見ると大きく見えるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る