耳が痛い言葉を真剣に伝えてくれる仲間はいますか?

大人になると、

本気で意見をしてくれる人が少なくなる。


どんなに嫌なところがあっても、

相手に伝えて嫌われたり、もめたりする方が面倒。


だったら、適度に距離を置いてスルーする。

それが一番楽。





大人になってからの友達が

気付けばどんどん減っている。


いつの間にか、連絡をくれる人が少なくなった。


ある日突然、連絡が取れなくなった。



あなたにはそんな経験はありませんか?






まだ起業したての頃のわたしが、

まさにその状態だった。



仲間と呼べる相手はおらず、

表面的な付き合いばかりが増えていき

そして同じくらいの速さで減っていった。




傷つくのが嫌だから、

周りはYesを言ってくれる人ばかり。




気分はよかったけれど、

もっと大切なものをたくさん失った。



所詮はお山の大将レベル。

誰も本気でついてきてくれることなどない。





「嫌われたくない」と思って

おべっか使って、相手を褒めてたのに、


そんな表面だけの人間関係が運んでくるのは

問題ばかりだった。



表面的な関係だから、本音などひとつも言えず、

ストレスだけがたまっていった。




「嫌われたくない」という思いが残したのは、

嫌われる人間関係。








本当に何でも言い合える仲間が欲しいなら、

ハナから本音でぶつかるしかない。



そんな当たり前のことに

色んな人を失ってから気付いた。








今は、どんな些細なことでも、

熱いフィードバックをしてくれる仲間がいる。



良いところも、

悪いところも、


本当にわたしのためを思うから、

めっちゃグサグサ刺してくれる(笑)


死ぬほど、耳が痛い(涙)



だけど、本当にありがたい。



ときに、言葉は乱暴かもしれない。




でも大切なのは言葉じゃない。

本当に相手を想う気持ちだ。





幼馴染とは、子供のような言い合いもする。


「そんなんじゃ、友達いなくなるよっ!」

とか(笑)



そんなことが言えるのは、

絶対的な信頼があるからだ。





以前のわたしと同じように、

周りを心地よい言葉を並べてくれる人で固め、


悪いときに「悪い」と言ってくれる友達がいない人は、


自分が作りあげてきた人間関係を

一度しっかり見直した方がいい。



自分が腫れもののように周りに気を遣わせていることに

気付いた方がいい。



あなたのことが好きだから褒めているのではなく、

意見すると面倒だから褒めていることもあるってことを

知った方がいい。




厳しい言葉でのフィードバックは、

愛情がなければできない。




適当に相槌打って、

弁護して、ほめたたえて、

「●●ちゃんは悪くないよ!」って言ってれば


とりあえずは丸く収まるのだから。




わたしは二度と、

あんな薄っぺらい人間関係に戻りたくない。



ちょっとした衝撃で根底から崩れ去ってしまうような

繊細なガラス細工のような人間関係はいらない。




最初から最後まで、

目を見て本音を言える。



もしあなたもそんな仲間が欲しいのなら、

まずは自分の「仲間」の定義を変えていこう。





仲間は、どんなときでもあなたをかばい、

賞賛し、守ってくれる鉄壁の盾じゃない。



時には成長を願って


自らの刃でぶすぶすと刺してくる。


でも、ただ鉄壁の盾で守られるより、

よっぽど温かい。




あなたが本当に手に入れたい人間関係の、

『仲間』の定義をして、


それを得るために、努力していこう



2013年10月17日(木) 19時30分から21時30分 渋谷

一歩前へ進みたい!このままじゃ終われない!
自分のやりたいことをやりたい!

思い描く未来へ力強い一歩を踏み出すための
【本気スイッチONセミナー】

コメント

  1. 恭子先生 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉川さん

    厳しいことを言うのは、愛情があるから。

    この言葉に、ハッとさせられました。

    確かに当たり障りの無いこと を伝えるほうがどれだけ楽か…

    私は、友人の数は決して多くないけれど、

    本音を語れる
    本気で私のことを叱ってくれる

    そんな友人ばかりです。

    だけど、大人になってから新しく友人をどれだけ作れたか?

    自分に問いかけて、いつのまにか 本音 を隠したお付き合いだ

    と気づき、呆然としました。

    傷付きたくない!

    傷付けたくない!

    これでは、誰が私の言葉を 「本気」 で受け止めてくれるのか

    答えは、NO??

    私自身が私の言葉で、本気の気持ちを込めて伝えたい!

    そう思いました。

    心に響く言葉を、ありがとうございます(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る