期待の押し売りにご用心。

わたしが人に腹を立てるときのほとんどは、



すべては自分の選択の結果であることを忘れ、

人の選択を責めようとするとき。







「こんなにサービスしたのに」

「こんなに譲歩したのに」

「もうこっちだって作業始めてるのに」

「支払いを待ったのに」

「良かれと思ってやったのに」

「今が踏ん張り時だからがんばってほしいのに」




そんな押しつけがましい思いがあるから、

期待が裏切られると、不満に変わる。








サービスしたのも、

色々譲歩したのも、

支払を待ったのも、

相手のがんばりに期待したのも、



すべては自分の選択。







その結果が想定外の方向にいったから、

勝手に「裏切られた」ような感覚に陥る。








相手はわたしの所有物じゃない。


相手にも感情があり、考えがあり、状況がある。




それなのに、


自分の思い通りにコントロールしようとするから、

思い通りにいかないと、不満へと変わる。






人間関係も、環境も、情勢も、

思い通りにいくことなんて、ほとんどない。




ぶーたれて、

相手に文句言って、

「どうせ分かってくれない」といじけるのは、


相手を自分の思い通りに

動かそうとする弱さだ。







「人は鏡」と言うけれど、


返ってくることを期待した上での行為は、

相手にもすぐ見透かされる。





どうせ抱く期待なら、


「思い通りに動け!」という期待じゃなく、

「返ってきますように!」という期待でもなく、



相手への愛情と信頼に満ちた期待にしよう





今月も愛のケツバットセミナー、やります!

「自信がない・価値がない・自分が嫌い」

そんな自分を脱出し、
人生を切り開くための根本的なスキルを身に着ける

『本気スイッチONセミナー』

2013年11月16日(土) 15時30分~17時30分 渋谷

18時から懇親会もあります

これまで受講された方は、懇親会からの参加もOKですよ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る