岩手県の皆様に教えていただいたこと。

2月27日と28日、岩手県久慈市と宮古市で

講演をさせていただきました。


初の岩手講演。


そして、東日本大震災以来、

初めて訪れた被災地でもあります。



今回、講演でお邪魔した二つの市。


どちらも被害規模に多少の差はあれど、

東日本大震災で大きな傷を負った場所です。



県内の至るところにある

『三陸津波到達地点』の看板を見るたび、


この目で見ても信じられないほど

津波が飲み込んだ多くの町があることを

改めて感じました。



久慈の会場から、宮古のホテルに移動するときに通った

田老という町。



巨大な防潮堤があったにも関わらず、

町全体が波に飲まれたそうです。



「ここは、結構繁盛してた
 中心街だったんですよ」



そう教えてもらった場所は、

その面影をまったく感じられないほど、

完全な更地となっていました。



田老に住んでいた方々の喪失感は、

想像することさえできません。




岩手県での2日間の講演では、

講演終了後にちょっとした個別相談会がありました。



震災で家をなくし、現在は仮設住宅暮らし。


都市計画が決まり、自分たちの土地が返ってきたら、

またそこで商売を再スタートしたいと相談してくれた方。



それがいつになるのか、

そもそもどんな町ができるのかも分からない。


それでも、いつか来るその日に向けて

準備をしたいとおっしゃっていました。



また、震災でご主人様が亡くなり、

高齢のご家族と暮らしながら、

起業してがんばっていこうとしている女性もいました。




大切な家族を失った方、

慣れ親しんだ家が流された方、


栄えていた町が消え、

多くの住人が他県へ流出し、


いつ、前のように戻れるか

保証もないような状態。


先が見えず、多くの不安を抱きながら、

それでも諦めず、前を見ながら歩いている方々と

たくさん出会うことができた2日間。



わたし自身も、

様々なことを考えさせられた2日間になりました。




今回の講演のテーマは、

起業家としての心のあり方でした。



何度も講演してきたこのテーマ。



でも実は、岩手県の皆様の前でお話するのは

正直、とても怖かった。



震災で、何も失わなかった東京のわたしが、

岩手県の皆さんの前であり方のお話をして

説得力があるのだろうか。



大切にしている座右の銘

「死ぬこと以外、かすり傷」。



この言葉が、岩手県の方々の心を

傷つけるのではないだろうか。



いつもお話している講演内容なのに、

講演直前まで、本当に悩みました。




でも結局、岩手県の皆さんの前に立ったら、

いつも通りの言葉で伝えているわたしがいました。



前を向いてがんばっている方々に

変な気の回し方をして、大切なことを伝えられないくらいなら、


真正面から伝えたいことを伝えようと

そう思ったからです。



その結果、初日、久慈の講演が終わってから、

主催者の方に、こんなお言葉をいただきました。



「久慈の方はあまり人を集められずに
 
 本当に申し訳ないです」


「でも、その申し訳なさの4割は、

 吉川先生に対する思いですが、

 残り6割は、久慈の人たちに対してです」


「もし、もっと多くの人に聞いてもらえてたら、

 今日が人生変わるキッカケになった人もいたはずなのに」



本当にうれしかったです。



宮古市の講演でも、

「わたしが悩んでいたことの答えが

 すべて詰まった講演でした」

と、強く伝えてくださった方がいました。



「本当に来てよかった」

「目の前のことに追われてて考えてもいなかった

 大事なことを考える機会をもらった」


様々な感謝のお言葉をいただき、


「社員研修に使う」と、

わたしのDVDを買ってくださった社長もいました。




2011年3月11日の大震災から間もなく丸3年。


「もう3年」なのか、「まだ3年」なのか。

復興支援は進んでいるのか、進んでいないのか。



様々な思いが錯綜する中でも、

力強く進もうとする岩手県の皆さんに出会い、

わたしの方がよっぽどたくさんの学びをいただきました。


前を向いて歩くという本当の意味を

皆さんの生き方で教えてもらったように感じます。



その生き方に、本当に言葉にならないくらい

感動した2日間だったと同時に、


わたし自身もあらためて「どう生きるか」について

深く考える機会をいただきました。



本当に、本当に、

ありがとうございました。


本当に、行けてよかった。



また、違う形で、岩手県を始め、

被災地の皆様に貢献できるよう


今日からわたし自身も

岩手県の皆様に恥じない一歩を踏み出していこうと思います。




最後に、立ち寄った「石割桜」


この大きな石を割って咲いた桜のような

強く美しい岩手魂。



岩手県の方々の温かさと強さに、

心から感謝申し上げます。



そして、またお会いするのを

本当に楽しみにしております。



ありがとうございました!


コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    吉川さんの、講演前の気持ちよくわかります。
    次元が違うけど、FBやブログの投稿のとき、こんな人はどう考えるだろって。

    でも、結局は自分の気持ちしか、人には届きませんよね。大阪で、吉川さんの講演がよみがえってきて、勇気をいただきました。ありがとうございます。

    皆さんに喜ばれて、本当によかったですね。

  2. ヒーロー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉川さんが現地の方を思い、悩んだ結果、それがどう伝わるかは、さほど重要でないと思います。

    思い悩んだ「吉川さんのやさしさ」、

    その瞬間にこそ意味があり、素晴らしいものではないかと僕は思いました( ^^)旦

  3. miu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    どうもー(*´ω`*)遊びにこさせて頂きました(^^ゞブログって人柄で出ますよね~♪色々楽しく読ませて頂きましたヾ(*´∀`*)ノまた訪問します(o・・o)/~マタネェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る