「ダメなヤツ」と「ダメなこと」。その違いが結果を変える分かれ道。

当社のクライアントを見ていると、

自分で自分にナイフを突き立てる人の多さを感じる。



ちょっと失敗したり、一度や二度うまくいかなかっただけで


「なんでわたしはこんなにダメなんだろう」

「もう超ダメ人間・・・」


と、自分で自分を傷付けていく。




ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。



その失敗を生み出した直接の原因はなんだろう?



わたしたちは何か行動をすることで、

結果を作り上げていく。



集客したから、売上があがったり、

セミナーに行ったから、学びを得たり。


逆に、学ぶという行動をしなかったから、

できないという結果を手にすることもあれば、


キツイ言葉を言ってしまって

相手を傷つけてしまうという結果を生むこともある。



でも、成功も失敗も、

行動の結果でしかない。




何か失敗したときに

「行動やその行動を生み出した考え方を反省する」ことに意味はあっても、

「自分自身への信頼性を傷付ける」ことに何の意味があるんだろう。






「わたしはダメ人間だ」

「わたしはダメなことをした」



言葉は似ているようでも、

あなたに与える影響は大きく違う。




前者は、あなた自身を責め立てる思考であり、

あなたのセルフイメージを大きく損なう。



後者は、あなたの行動や、それを生み出した考え方を反省する思考であり、

次回同じ過ちを犯さないように改善する思いを強くする。





「あなたはいるだけで価値がある」




わたしが何度も師匠から言われた言葉は、

今、わたしが当社のクライアントに対して

一番強く伝えていることであり、あなたにも同じことを伝えたい。





あなたが失敗しようが、

稼げてなかろうが、

集客できていなかろうが、



あなたの生まれ持った価値には

何の影響もない。





わたしたちが日々、なりたい姿に向かって努力をし、

経済活動を通じて売上を上げたり、

試験に挑んで合格したり、

人に愛情持って踏み込むことで人間関係を豊かにしたりするのは、


あなたの価値をさらに高めるための活動ではあるけれど、

失敗したとしても、生まれ持った価値がマイナスになることはない。



行動としては間違いだったことはあっても、

あなたの本来の価値が損なわれるわけでもない。





もう自分を傷付けるのはやめよう。




自分にナイフを突き刺したところで

結果が良くなるわけじゃない。


自分に対する信頼を損なってしまっては、

むしろ、悪い方にしか進まない。




行動の結果と、自分の生まれ持った価値を切り分けるだけで、

自分を信じる力が湧いてくる。





「ダメなヤツ」はもうおしまい。

「やっちまった!」に切り替えていこう!



起業したいと考えているあなたへ

「起業したい。だけど、・・・」と躊躇している方。

ぜひ一度、ご相談ください。

あなたが本気で自分ため、お客様のために頑張るなら、

わたしも全力で支援させていただきます。


あなたの「だけど」を切り離し、

具体的に進むためのステップを提示します。





コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読ませて頂きました!僕は脱サラをテーマに記事とか書いてます♪これからもブログ読ませて頂きますね!!是非やりとり出来たら嬉しいです♪

  2. 長田新治郎 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も26歳のとき、「ダメなヤツだと」自分自身を追い込んでしまいました。
    あの時の情けなさと苦しみは、後にも先にもありません。
    そして、
    あの時の「ダメなこと」を経験したことで、その後の問題は全然大したことではないと考えるようになりました。
    今は、超楽天家です(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >Mr.J(28歳で脱サラしました)さん

    ありがとうございます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >長田新治郎さん

    コメント、ありがとうございます。
    自分への信頼を失っていくことは、本当にしんどいですね。
    でも、自分を傷つけても前には進めない。おっしゃる通り、「あそこから頑張れたんだから、今回も頑張れる」、そんな捉え方をすることはとても大切なのだと思います。
    過去の自分に感謝をし、過去の自分が応援してくれる生き方をしたいと心から思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る