自分のことが嫌いなあなたへ。自分を好きになるためのたったひとつの習慣。

blog_picture_20141216

 

幸せな人生を送るために、

一番大切なものは何か?

 

 

そう聞かれたら、迷わずに答えることがある。

 

 

 

「自分を愛する力」

 

 

 

自分がどれだけがんばっても、

自分がどれだけ周りに価値を与えても、

自分がどれだけ誰かのことを想っても、

自分がどれだけ周りから愛されても、

 

 

 

自分のことを嫌いだと、

何も自分の中に残らない。

 

 

 

 

自分の努力を自分が軽視し、

 

自分が作った結果を自分が認めず、

 

自分が誰かを愛する気持ちを

自分で尊重できず、

 

自分は愛される価値のない人間だと

自分で思ってしまう。

 

 

 

 

そんな考え方は

 

自分にとっても、

あなたを愛する人にとっても、

 

 

本当に地獄だ。

 

 

 

 

でも一方で

「自分を好きになる」

 

こんな簡単そうに思えることが

どれだけ難しいことかってことも

よく知ってる。

 

 

 

わたしは、自分のことを好きと言えるまで

どれだけの時間を要しただろう。

 

下手すれば、

今でも言えないのかもしれない。

 

 

 

でもだからこそ分かる。

 

自分を愛せないつらさも、

自分を愛する難しさも。

 

 

どこまでいっても

逃れられない欠乏感。

 

自分の満たし方が

わからない無力感。

 

永遠に終わらないように

思える戦い

 

 

 

本当にきつい。

 

 

 

 

「自分を好きになる」

 

わたしはまだ未完成かもしれない。

 

 

でもわたしが

自分を好きになるためにやってきたことが

 

実はひとつだけある。

 

 

今日は、

わたしと同じような思いを感じている人に

 

それをシェアしたいと思う。

 

 

それは、

 

『自分が自分の味方であること』

 

 

 

 

 

それだけ。

 

 

 

 

 

難しいことはしない。

夢とか目標とかなくてもいい。

本気で生きてないとかもこの際どうでもいい。

 

 

 

ルールはたったひとつ。

 

 

自分と会話するとき、

 

どんなときでも

自分だけは

自分の味方でいること。

 

 

 

頭の中で色んな声がする。

 

 

わたしってサイテーとか、

本当にダメなヤツだとか。

 

死んでしまいたいとか、

自分には価値がないとか。

 

 

 

まぁ、

その声も自分の中から

生まれてるのかもしれないけど、

 

そんなこともどーでもいい。

 

 

 

 

色んな声がなんて言おうと、

 

 

そうかな?

でもここはよくがんばってると思うよ。

 

そうだね、そういう一面もあるけど、

こういう部分はいいと思うんだよね。

 

そこは悪い面にも見えるけど、

裏返せば●●って捉えられるよね。

 

 

 

そうやって味方してあげる。

 

 

 

とてもシンプルに、

 

自分だけは、

自分の味方をしてあげる。

 

 

 

そうすると少しずつ、

自分のいいとこが見えてくる。

 

自分ががんばったことが見えてくる。

 

自分が作った結果が見えてくる。

 

 

 

そして、

 

自分への期待が高いから、

今の自分のことを好きになれないんだって

こともわかってくる。

 

 

せっかく高い期待を寄せてるのに、

それが思うように達成できてないから

悪口言うなんて悲しいじゃない。

 

 

あなたがダメだから

変わらなきゃいけないんじゃない。

 

もっと良くなりたいから

変わろうとしているだけ。

 

 

未来を見て、今を否定するのは違う。

 

 

 

もっと自分と仲良くなろう。

もっと自分を認めてあげよう。

もっと自分を許してあげよう。

 

 

 

 

人として何かが足りない。

こういうところが非情。

夢なんてない。

自分の過去が許せない。

自分でも性格悪いと思う。

いつも斜に構えてしまう。

 

 

 

もういいよ。

OK。OK。

 

 

そんなに自分を責めず、

楽にいこう。

 

 

 

教科書通りになんて

生きられない。

 

 

 

 

でもそうやって苦しんできたあなただから、

今苦しんでいる人の気持ちが分かる。

 

まっすぐに生きたくても

生きられない人の気持ちが痛いほど分かる。

 

あるべき姿と今の自分との溝が深すぎて

どうしていいか分からなくなっている人の気持ちが分かる。

 

 

 

そんな大きな価値を持つあなたのことを

あなたが嫌いだなんて悲しいと思うのです。

 

 

 

毎日少しずつでいい。

 

味方の自分で、

自分と話をしてみよう。

 

 

 

それが習慣になったとき、

 

自分のことをちゃんと認め、

好きになっていることをお約束しますよ(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る