命の重み。仲間の重み。自分の重み。

26日から一泊、

ドリームインテリジェンス株式会社のPVPエピソード4という研修に、

アシスタントととして参加してきました。



自分自身が受講生だったのが、ちょうど一年前。

前回もアシスタントを務めたので、これで三度目のPVPエピソード4。



わたしの参加が決まったのは、研修のわずか5日前。

スケジュールが調整できなくて、参加するのは本当に厳しかった。



でも、参加できてよかった。

またたくさんのことを学ばせてもらいました。





自分の価値を上げる研修。

それがPVP(Personal Value Point)。



わたしは、エピソード0から4をすべて受講し、

そして4のアシスタントを務め、常々思うことがある。




「自分の価値を上げる」

それは、「生きていること自体の重さ」に気づくことなんじゃないかと。




二日目の最後の研修、

わたしは何度もこの言葉を受講生に投げた。




「なんで、そんなに軽いの」と。




自分が生きていること、

自分が生かされていること、

命の重み。



それをどうしてそんなに軽く捉えるのかと。

何度も、何度も問いかけた。




自分を支えてくれている人、

自分を応援してくれている人、

自分を必要としてくれている人、

「生きていてほしい」と願ってくれている人。




それを、心の底から知っていたら、

軽く生きることなんてできない。






「本気」の意味が分からないと言った人、

自分の生きる意味が分からないと言った人、

自分の価値が分からないと言った人、

自分の命を簡単に投げ出そうとした人、



全員に、「軽い」と言った。






その軽さがくやしくて、

本人以上に、泣いた。


涙を流したまま直視した。



誰も、わたしの目を見れなかった。






自分のことしか見てないから、

欠けているとこばっかり見てるから、

どうでもいいことに悩む。






自分が一番、自分のことを軽く扱っている。



誰かが生きてほしいと願っている一方で、

自分が命を簡単に放り出す。



殴ってやろうかと思った。



あなたを大事に思い、

あなたの帰りを待っている人の代わりに、

凝り固まった頭をかち割ってやろうかと。







わたしも、命を軽く扱ってきた人間のひとり。


でも、いつも誰かが支えてくれていた。

誰かが生かしてくれていた。




そのありがたさに気づくことなく、

何十年も過ごしてきた。




「どうやって生きればいいか分からない」

「自分の価値が分からない」

「生きている意味なんてない」




頭の中がヒマすぎて、

そんなことばっかり考えてきた。




そんなどうしようもないわたしに、

いつも真正面から向き合ってくれた仲間がいたのに、


わたしは全然見てなかった。





わたしは、エピソード4に出逢って、

久保さんやドリームインテリジェンスのみんなに出逢って、

エピソード4のトレーナー、安達さんに出逢って、

同期の須藤さん、彩海ちゃん、裕美さん、道世さんに出逢って、


自分を軽く扱っていたことを初めて知った。





たとえ今がどんな自分でも、

過去がどうであろうとも、

価値がない人間なんていない。


それを教えてもらった。




だから、今度はわたしがみんなに

同じことを伝えたかった。






二日目の最初におこなった自己開示。


朝のスタッフミーティングで、

まずはアシスタントが自己開示をしてほしいと、

安達トレーナーからお願いされた。




わたしはこれまで、自分のことを話すことはなかった。


心の重荷を自分ひとりで握りしめたまま、

ずっと人生を歩んできた。




そんなとき、安達トレーナーに教えてもらった。


「人に受け入れられた経験がない人は、

人を受け入れることができない」と。




まさにわたしだ。



口ではカッコイイこと言ったって、

人を受け入れることができない。


出来る限り、人と距離をとって、

自分のテリトリーには入れさせない。




でもきっと、

わたしは「人に受け入れられた経験」がないんじゃなくて、

「自ら、誰かに飛び込んだ経験」がないだけだった。




自分自身がエピソード4に受講生として参加したときでさえ、

どう飛び込めばいいのか、どこまで飛び込めばいいのか、

まったく分からなかった。




そんなわたしに、背中を見せてくれたのが、

一緒に参加した同期でもあり、今回も一緒にアシスタントを務めた心友、

須藤亮さん。




須藤さんがしっかり飛び込んできてくれたから、

わたしも人生で初めてのダイブをした。






そして、人生が変わった。








今回、アシスタントは3人。

誰がやるか。



わたしは、自ら引き受けた。

足がガクガク震えているのが、自分でも分かった。



でも、須藤さんが見せてくれたように、

わたしも受講生に見せたかった。





何を言っても大丈夫。

全部、この場で重い荷物を降ろしてほしい。


みんなで受け止める。

わたしも受け止める。





「これを言ったら嫌われるんじゃないか」とか、

「みんなが受け入れてくれるのか」とか、


そんなこと、考える余裕もなかった。




ただただ、ここにいる19人が、

もう一人で背負わなくていいんだということを、

全身全霊で伝えたかった。




言葉に詰まったとき、

他の二人のアシスタントが支えてくれた。







無我夢中で話し終えた後、

みんなが泣いてるのが見えた。



男性も女性も関係ない。



そこには、侮蔑も憐みもなくて、

温かい涙だった。





「ありがとう」って、

何度も言われた。



「吉川さんが自己開示してくれたから、

わたしも自己開示する決意ができた」と。






幸せだった。



久保さんがいつも言う。

「PVPをやってるとき、ここで死んでもいいって思う」って。



その言葉の意味が、少しわかった気がした。





「他者への貢献」

口で言うほど簡単じゃない。




だから、この二日間、わたしの達成すべきセルフイメージとして、

これを掲げた。



「自分の保護より、他者への貢献を優先する女、吉川聖弓」



達成できた自分を、

心から誇りに思う。







本当に、最高の二日間でした。



チーム『ルミエール』の、

メーテル、山ちゃん、みくてぃ、ケイティ、まがりん、のがちゃん。


みんなと同じチームになれてよかった。

ありのままのみんなが大好きです。





厳しいこともたくさん言ったね。

何度も、心をひっぱたいたと思います。



でも、最後に見れたみんなの笑顔、

もらった感謝の言葉、


本当にうれしかった。




「生きていてくれてありがとう」


その言葉に、涙が止まらなかったよ。




わたしのすべてに良い意味を与えてくれて、

本当にありがとう。






なおひゃん、みやちゃん、あんちゃん、カマロ、パンナ、

マチャミさん、ヒロ、ノムさん、みえぞう、つじちゃん、

ひろこねぇ、かっつん、しんちゃん。



最高の19人でしたね。

最高のチームでしたね。

そんなみんなに出逢えて、本当によかった。




須藤さん、桐生さん。

一緒にアシスタントができて、幸せでした。

心を支えてくれてありがとう。



まいちゃん、戸田くん。

いつも後ろから温かく見守ってくれてありがとう。

二人がいるから、アシスタントとして全力で取り組むことができました。



emiちゃん。

ユーストカメラの前で、まいこ走りしてみたんだけど、見てくれた?(笑)

あなたが見守っていてくれたこと知ってたから、

わたしはみんなの前に立てたよ。



安達トレーナー。

安達さんとの出逢いがあったから、今のわたしがいます。

本当に出会えてよかったです。

ありがとうございました。



久保さん。

もう言葉はいりませんね。

また一歩、前に出ました。

この成長は、すべて、久保さんに捧げます。







今、このブログを読んでいるあなたが、

人生に迷い、自分を見失い、どう生きていいか分からないのなら、


PVPを受けてみてください。



エピソード0、1、2、3。

それらを受け終えたころには、世界が180度変わって見えます。



あなたがどれだけ大切な存在か、

あなたがどれだけ多くの人に支えられて生きているか、


頭ではなく、

心で感じることができます。




そして更に自分の価値を高めようと決意されたら、

その先に来てください。





エピソード4で、わたしはあなたを待っています。




>>PVPの詳細はこちらへ<<


コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私は人を呼び捨てにするのが小さい頃から何故か苦手だった。でも聖弓、まさみ、マサミ…本当に乗り越えてきてくれてありがとう…生きていて成長した姿を見せてくれてありがとう。スケジュールを調節するのは本当に本当に大変だったと思う。私に出逢うチャンスをくれてありがとう…目を反らさすに見つめてくれてありがとう。 二日目最後、よくそこに気がついたねっ!って言ってくれた時、えっここ?そっかそうだ、ワタシ当たり前を忘れてた。
    忘れないように繰り返し落とし込んでいく。
    でもまた私が道を外れたらまた心をひっぱたいてね。
    (心でいいからね、その趣味はないから…(゜∇゜))

    聖弓のコトバ、声、眼差しが大好き。
    12月に必ず会いに行きます。

    そしてこのプレゼント、blogを ありがとう。

  2. emi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとう。ただただありがとう。
    変な顔からはじまって、まいこばしり、
    こちらで大爆笑しておりました。

    出会えてよかったです。

  3. kurikuri より:

    SECRET: 0
    PASS:
    メーテルです。
    聖弓、本当にありがとう。
    あなたに出会えて、幸せです。

    厳しいことにも、愛と優しさをとても感じたよ。

    本当に、ありがとう。

  4. nara より:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉川さんに話す内容ではないかもしれませんが、実は先月が2度目の久保社長研修でした。しかし、1回目とはまるで気持ちが違ったんです。

    やばい、久保社長なら会社の見えない問題(みんな分かっているのに見えないふりをしている問題)をひも解いてくれるのでは?と本気で思えた瞬間があったんです。

    受講後、ノートを見直し、みんなの感想を見直し、線を入れ、自分なりのコメントを書き。

    吉川さんのブログでさらに確信しました。

    ドリームインテリジェンスの研修で、自分も会社も大きく飛躍してみせます。

    次回の研修はもっと自分を出そう。
    最後に成長した自分に嬉しくてこれからの人生が楽しみで泣けるくらい本気で受けよう。

    熱くコメントしてしまいました。

    ありがとうございます。

  5. 親方 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最幸の2日間をありがとう!

    更に、生きるということを重く受け止めることが出来た2日間であり、この1年でお互いが成長してきたことを認め合える2日間になったね。

    1年前に姫に受け入れられなければ、自分自身を受け入れ、自分を信じることが出来ずに迷走していたかもしれない。

    吉川聖弓は自分の命の恩人です。

    共に生きる!と決めた心友として、これからも自分の価値を高めて、多くの仲間に貢献できる自分になっていこう!

    親方

  6. SECRET: 0
    PASS:
    聖弓さん。。。
    あなたがいなければ今のドリームインテリジェンス久保さん・emiちゃん・まいちゃんたちとの出会いはなかった。
    想像するだけでぞっとします。

    THE愛!!といってくれた言葉忘れません。

    終わったあと生きていこう!とかたく抱き合って約束したこと忘れないようにいきぬいていこうね!! またセミナー受けにいきますね♪ずっとずっとかかわっていたい女 吉川聖弓
    大好きです♪ 

  7. SECRET: 0
    PASS:
    聖弓さん
    アシスタントお疲れ様でした。改めて一年前を感じています。あの感覚は深く心にしみて、一年後の今、あの時よりも深く太く浸透しています。そして更に、ブログに感動しました。ありがとう聖弓さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

吉川聖弓メールマガジン(無料)

新着ブログ

上に戻る