楽しいだけのコミュニティから、成果につながるコミュニティへ
ファンビジネスアカデミー

サービス提供前のお客様に「やっぱりいりません」と言われたら、あなたはどう対応しますか?

先日、当社の起業家育成アカデミーである

ファンビジネスアカデミーのアカデミー生のひとりから、

こんな質問がありました。

 

「セミナーにご参加いただいたお客様が、

その後、個別相談に申し込んでくださったのですが、

 

個別相談前にご提出いただく質問表をお送りしたら、

4人中、2人の方から

「やっぱり個別相談しなくていいです」

と連絡がありました。

 

どうしたらいいでしょう」

 

 

あなただったらどうしますか?

 

 

わたしはこう伝えました。

 

「そのお客様は、

プロフェッショナルであるあなたから見て、

個別相談をした方が、

その方の幸せにつながると思いましたか?」

 

その質問に対して、

アカデミー生は即答で「はい」と答えました。

 

 

「ご本人はまだ気づいて

いないかもしれないけれど、

◆◆の部分は解決した方がいいし、

●●についても力になれると思います」と。

 

 

もしそうなら、

絶対にこちらから

お客様の手を離してはいけません。

 

 

お客様は、素人です。

 

あなた、というプロフェッショナルの力が必要かどうか、

お客様には判断がつきません。

 

 

だから、素人考えで、

「まだ今のわたしには必要ないだろう」とか、

 

事前質問を見て、

「こんなたくさんの質問に答えられない」とか、

 

「個別相談に行ったら、売りつけられるんじゃないか」とか、

いろんなことを考え、

 

「やっぱりいいです」

と言ってしまうことがあります。

 

 

それを真に受けて、

お客様の手を離すのは、

 

「わたし風邪なんです」と

言ってきた患者をろくに診察せず、

そのまま風邪薬を処方する医者のようなもの。

 

 

ありえないですね。

 

 

わたしたち起業家サイドは

プロフェッショナルです。

 

 

お客様が何を言おうと、

あなたが力になれると確信するなら、

あなたから手を離してはいけません。

 

 

信頼関係をきちんと築き、

プロフェッショナルとしての見解をしっかりと述べ、

それでも「いらない」と言われることもあります。

 

 

でもそこまで伝えてもいないのに、

「お客様がこう言うから」、

などという理由で手を離すのは、

 

もはやプロフェッショナルの

態度ではありません。

 

 

大切なのは小手先の話術でも

クロージングテクニックでもなく、

あなたのプロフェッショナルとしての

『在り方』です。

 

 

あなたは縁ある方に

どこまで関わる覚悟で

お客様と対峙しているでしょうか。

 

 

 

ちなみに・・・

この話をした直後、

アカデミー生は、個別相談を断ったお客様に連絡をし、

誠心誠意、想いを伝えたところ、

 

お客様から、

「ありがとうございます!

ぜひ改めてお願いします!」

とお返事をいただきました。

 

 

しかも、2人ともです。

 

 

本当に嫌だから断ったんじゃない。

 

あなたの起業家としての在り方を

お客様が試してくださっているのです。

 

 

誰が何と言おうと、

あなたのプロフェッショナルとしての

在り方を貫いてくださいね!

 

 

※ブログの記事は、

 メルマガでもお届けしています!  

 毎朝8時に届きますのでぜひどうぞ!!

 

無料メルマガに登録する

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様の声
10年前に起業した時の自分の夢半ばで諦めかけていましたが、まだまだやり残したことがたくさんあることに気づきました。
目の前の売り上げを伸ばそうとし過ぎて、誰が大切なお客様なのか、完全に見失っていました。
自分の根っこからくる想いがわかることが、吉川さんと会うと体験できます。
現在のビジネスの弱点が明確になり、それだけではなく改善点や目指すべき方向性が明確になりました。
闇雲にいろいろなことに手を出すより、教えていただいたことを軸に展開することの方が結果に結びつくと思いました。
がむしゃらに走っているけど成果が出ない・・・ゴールが見えないレースを走っている状況でした。
アイディアが溢れ出てすぎて、的が絞れなくなって何からどうしたらいいのかわからない状態でした。
同業他社との差別化、本当にお客様にお伝えしたいことをどうやって伝えていけばいいか?サロンを運営していて常に悩んでいました。
自分の仕事のスタイルが根本から違っていたというのが衝撃でした(笑)
自分の作っているモノ、お客様へのサービスは良いモノであると思って活動していましたがなかなか成果が出ませんでした。
自分がお客様を選ぶという観点が、目からウロコでした。
やらなければいけないことが、たくさんあるのですが、道筋がみえてきているのでやる気がなくなるどころか、奮い立たされました。
自分の中に熱い想いがあって起業した方で、想いはあるのになかなかお客様が出来ない方にすごくオススメです!
薬局薬剤師として本質からぶれることなく、事業を多角化していくための具体的な一手を提案いただきました!
起業という手段ではなく、人生の目的から考え、振り返ることができたことが 一番良かったです。
たくさんの競合の中から、自分を選んでもらい、さらにファンになってもらう方法を知ることができます。
ビジネスの導線をこうやって作っていき、こういう気持ちでお客様に向き合えばいいんだということがわかりました。
大切なことは、自分の考えに本当に共感をして必要としてくれる方へ発信をして行くことだと気づくことができました。
お客様の方から来たいと思ってもらえるようになるイメージができました!
不安や迷いが芽生え、熱量が低くなっていると感じていました。
ビジネスプランも 提案して頂き、悩みが改善しただけでなく、今後の可能性も感じて未来にすごくワクワクしました。
うまくいいっていない人は、その理由がある。プロの目線でしっかり指摘して貰えます。
   
よく見られている記事
カテゴリー
  • ファンビジネスを学ぶ
  • 吉川聖弓 愛のケツバット
  • お客様の声
  • 吉川聖弓プロフィール
  • 無料メルマガ
  • ファンビジネスセミナー
  • ファンビジネス個別相談会
  • その他
  • こんなお悩みがありませんか?
  • タグ
    新着一覧